本文へスキップ

桂公園野球場

桂公園野球場へ行ってきました!

桂公園野球場の見どころやおすすめを感想を交えて詳しく紹介します!駐車場の場所や球場への行き方(アクセス)など。

桂公園野球場を詳しく紹介します!

桂公園野球場(かつらこうえんやきゅうじょう)には芝の上でプレーできる本格的な球場があります。球場の周囲には散歩道があり、球場裏手には公園があるので、野球少年だけでなく、年配の人や小さな子供たちも楽しむことができます。

桂公園野球場

桂公園野球場は、本格的な野球の試合ができる球場。プロと同じように芝の上でプレーすることができるので、野球少年にはうれしい施設です。

また、野球場の周囲には目立たないところに散歩道と公園があります。木々に囲まれた自然豊かな散歩道なので、のんびり散歩したいときには最適です。

そんな桂公園野球場に行ってきましたので、おすすめや感想を画像を交えて詳しくレビューしていきます! 

桂公園野球場への行き方は?

桂公園野球場の最寄り駅は近鉄八尾駅です。そこから近鉄バスに乗って西郡西口バス停で下車します。バス停から桂公園野球場は徒歩5分ほどの距離です。

桂公園野球場の最寄り駅は近鉄八尾駅です。そこから近鉄バスに乗って西郡西口バス停で下車します。バス停から桂公園野球場は徒歩5分ほどの距離です。

近鉄八尾駅からは近鉄バス30002系統荒本駅前行き、近鉄荒本駅からは近鉄バス30002系統近鉄八尾駅前行き、JR住道からは近鉄バス30011系統または30017系統の「近鉄八尾駅前」行きを利用するといいでしょう。

桂公園野球場最寄りのバス停から徒歩5分

桂公園野球場へは最寄りのバス停からは、歩いて5分ほどのところにあります。西郡西口バス停を降りたら、住宅街の間を北側へと進んでいきます。

桂公園野球場の近くには八尾市立桂中学校や八尾市立桂小学校がありますので、それらの学校を目印に進んでいくといいでしょう。

車で行く場合には、桂公園野球場には球場利用者用の駐車場が用意されています。球場の使用を申し込んでいる人は、ここを利用することができます。

球場のまわりの道には、球場利用者への不法駐車の禁止を訴える標識がいくつも立っていました。

近隣では不法駐車が問題となっているようです。桂公園野球場へ車で来る場合はくれぐれも気を付けてください。

まわりは住宅街で近くに駐車場もないので、球場利用の場合を除いては、できれば公共交通機関を利用して桂公園野球場に遊びに行くのがベターです。

桂公園野球場ってどんなところ?見どころは?

桂公園野球場は、プロと同じように芝の上でプレーできる球場が見どころです。少年野球のチームが頻繁に試合をしているので、子供と一緒に野球の試合を見に行くのもおもしろいかもしれませんね。

桂公園野球場ってどんなところ?見どころは?

桂公園野球場は本格的な野球の試合ができる球場です。球場としては、スタンドなどの建物はないですが、道路側からはフェンス越しにグラウンドが見え、誰でも楽しめます。

桂公園野球場 広々とした芝のグリーン球場

中は広々とした球場となっています。広いだけではなく芝のグリーンの美しさも特筆もので、日頃から多くの人の手が入っていることをうかがわせます。

プロのように芝の上でプレーでき、少年野球の試合を行う場所としては最適な設備が整っています。

桂公園野球場 グリーン球場

訪れた日も少年野球の練習に使われていました。こんなグリーンの上でプレーできるなんていいですよね。

桂公園野球場 広々とした球場

フェンスの高さも十分なのでボールが外に飛んで行ってしまう心配もなさそうです。こちらの桂公園野球場では思いっきりバットを振ることができますね。

桂公園野球場 広々とした球場

球場の周囲が公園となっていて、グラウンドの後ろ側からフェンス越しに球場を見ることもできます。

様々な少年野球チームの試合を見に来るのもいいかもしれませんね。野球ファンの子供には刺激になりそうです。

実際に球場を使う場合は事前に申し込む必要があります。球場を使ってみたいと思ったら、まずは申請の詳細を問い合わせるといいでしょう。電話072-991-3881(市役所代表)

桂公園野球場を周回する散歩道

桂公園野球場は周囲が公園になっていて散歩道が用意されています。少しわかりにくい散歩道の入り口の場所も紹介します。

桂公園野球場を周回する散歩道

桂公園野球場の道路側は駐車場となっています。駐車場の西側に細い通路があり、この通路は球場の周囲を巡ることができる散歩道につながっています。

すぐにわからない場所にあるので駐車場の端を注意深く見てください。細い通路がありますよ。

桂公園野球場を周回する散歩道

何の標識も出ていないので、少し怪しげな小路に見えてしまうかもしれませんが、この道から球場を一周することができ、球場のフェンスに沿って道が続いていくのがわかります。

桂公園野球場 自然あふれる散歩道

散歩道を進んでいくと、すぐに自然林に囲まれた緑豊かな場所となります。野鳥の鳴き声も聞こえ、道の途中にはイスも用意されているので、木陰の中で一休みをすることもできますよ。

桂公園野球場 自然あふれる散歩道

木々の茂る情景も球場の裏側に来ると途切れ視界が開けてきます。ここには、遊具もおかれていて公園になっています。

フェンス越しですが、球場もよく見える場所となりますので、少年野球を観戦するにはここから見るのもよさそうです。

まるで、秘密の隠れ家公園のように見えるので、子供が喜ぶこと間違いなし!ここで、お弁当を食べたり、のんびりしたりするのも面白いかもしれませんね。

桂公園野球場の遊具の種類は?

桂公園野球場は隠れ家公園として重宝しそうです。遊具は「うんてい」や鉄棒、動物のオブジェ、ブランコなどがあります。

桂公園野球場の遊具の種類は?

桂公園野球場の裏側に公園があることは、表からはまるでわからない状態になっています。そういう意味では人に知られていない「穴場の公園」と言えるでしょう。

いつもの公園は知り合いが多いけれど、たまには人に声をかけられたくないというときに、こういう隠れ家公園は必要ですよね。

桂公園野球場 遊具

遊具は、うんていや鉄棒、動物のオブジェ、ブランコなどがあります。

桂公園野球場 小さな子供向け遊具

小さい子供も大きな子供もそれぞれ楽しむことができそうです。

球場の試合を観戦しながら、遊びまわることができるスペースとなっているので、のんびりと野球観戦と決めこむのも楽しそうです。

桂公園野球場 広いスペースの砂場

大きなスペースをとった砂場は、幼児が遊びまわるのに最適な場所と言えるでしょう。砂場を縁取るコンクリートの造形物も子供たちの遊びに使えそうですね。

桂公園野球場 ブランコ

ブランコは球場のほうを向いていますので、これに乗っていると自然と球場が視界に入ってきますよ。遊具でも遊びたいし、野球の試合も気になるという子供には両方楽しめますね。

桂公園野球場 公園からみた球場

公園からはこのように球場を見渡すことができます。ちょうどプロ野球の球場の外野席から見ているような感じです。

球場の表側は残念ながら道路や駐車場などがあって、そこに居座って野球の様子をじっくりと見ることができないので、じっくり見たいのなら球場裏の公園は絶好の場所となるでしょう。

桂公園野球場のトイレは?

桂公園野球場には球場使用者だけでなく、一般の人も気軽に使えるトイレがありますので安心して過ごせます。

桂公園野球場のトイレは?

桂公園野球場のトイレは、球場使用者だけではなく一般の人も使えるようになっています。場所は球場の裏手となる公園スペースの一画で、球場の東側に位置しています。

桂公園野球場のトイレ

中のトイレですが残念ながらあまり清掃が行き届いている状態とは言えない感じでした。トイレは和式しかありません。

もちろん車いす用トイレもありません。トイレットペーパーはちゃんと付いていて助かりますが、ちょっと残念ですね。

桂公園野球場のおすすめ度は?

桂公園野球場は、特に野球好きな子供と遊びに行くのにおすすめです。球場の裏手の公園で遊びながら、野球の試合を観戦するという、ぜいたくな組み合わせのひとときを過ごすことができます。

桂公園野球場のおすすめ度は?

球場の周囲が散歩道になっていて、いろんな場所からフェンス越しにゲームを見学することができるのでベストポジションを探してみるのもおすすめです。

もちろん野球チームの関係者で、試合や練習する場所を探している場合にもおすすめの球場ですよ。

桂公園野球場の施設概要

住所 〒581-0823 大阪府八尾市桂町4丁目(地図
連絡先 072-924-3869(八尾市都市整備部みどり課)
最寄駅 「近鉄八尾駅」最寄バス停「近鉄バス西郡西口」
アクセス 自動車を利用する場合
近畿自動車道の東大阪南ICを降りて約11分
営業時間 9:00〜17:00
休場日 毎週月曜日(月曜日が祝日の時は火曜日に振り替え)、年末年始
料金 2時間 大人(高校生以上)1290円、中学生以下640円
駐車場 施設利用者のみ有り(無料)
公式サイト http://city.yao/22385.html

はてなブックマークに追加  桂公園野球場

関西にあるスポーツ施設一覧へ戻る


この記事を書いた人

如月柊

道端でネコを見かけるとついつい走り寄ってしまう猫好きライターです。あまりにしつこくなぜなぜするので、愛猫からは猫キックしまくられるという冷遇ぶり。でも、猫は気まぐれでもかわいいから許すということで、日々猫と格闘しています。


編集&校正  ビー・エイブル