本文へスキップ

湯屋ケ谷公園

湯屋ケ谷公園のおすすめと見どころは?

湯屋ケ谷公園の見どころやおすすめを感想を交えて紹介します。アクセスや駐車場、入館料金・割引料金(割引チケット)などの詳細もあり!

湯屋ケ谷公園

学園東町という閑静な住宅街の中に湯屋ケ谷公園(ゆやけだにこうえん)はあります。芝に覆われた丘があって雰囲気のいい公園となっています。

湯屋ケ谷公園

湯屋ケ谷公園は神戸市西区にある公園です。学園東町という閑静な住宅街の中にあります。

芝に覆われた丘があるのが特徴で、その丘にはとても長いすべり台を備えた複合遊具が備え付けられています。

姿を見ることはできませんが公園の下を山陽新幹線が通っています。

近くには、ほっともっとフィールド神戸という球場があってゲームのある時には公園にまで歓声が聞こえてくるほどの距離です。

今回は湯屋ケ谷公園へ行ってきたので、感想や見どころを写真を交えて詳しくレビューします。

湯屋ケ谷公園ってどんなところ?見どころは?

芝に覆われた丘があるのが湯屋ケ谷公園の特徴です。巨大な複合遊具があります。

湯屋ケ谷公園ってどんなところ?見どころは?

湯屋ケ谷公園のまわりは一戸建ての住宅街となっていて人工的なのですが、この公園の中は自然が豊かに残っていました。

特に芝に覆われた丘は牧歌的な風景を醸し出しています。ですので子供が遊ぶのにもいい環境となっていましたよ。

丘には巨大な複合遊具が置かれています。この丘のエリアが湯屋ケ谷公園の見どころとなります。

湯屋ケ谷公園にある複合遊具

湯屋ケ谷公園を象徴するのがこの複合遊具です。とても長いすべり台を備えています。

これだけ長いすべり台だとまるで遊園地のジェットコースターですよね!スリルいっぱいに楽しめそうです。

遊園地のジェットコースター気分で滑り降りてみましょう。

湯屋ケ谷公園を象にあるうんてい

複合遊具に至るまでの道に雲梯が設けられています。体力が余っているのならこの雲梯で複合遊具まで進んでいきたいですよね。

これをクリアできる元気な子はぜひともチャレンジしてみてくださいね。

湯屋ケ谷公園の複合遊具にあるロープの登り口

すべり台の頂上まで登るためにはいくつもの試練が待っています。複合遊具の中心にはロープで作られた登り口がありますよ。

湯屋ケ谷公園の複合遊具にあるポールの登り口

また別な口にはポール状の登り口もあります。上がっていくのにも一筋縄ではいかないようですよ。

湯屋ケ谷公園の複合遊具の高さ

この高さになると、さすがに小学生以上でないとなかなかチャレンジするのは難しいかもしれませんね。

この上からは公園全体を見渡すこともできます。展望を楽しみつつ、すべり台に挑んでみましょう。

湯屋ケ谷公園の複合遊具にある滑り台

この急角度で滑り降りることができるようになっています。

途中まではしっかりとサイドに鉄線のガードが付いていますので横に飛び出る心配がない点が安心ですね。これなら子供を安全に遊ばせることができます。

湯屋ケ谷公園の複合遊具にある滑り台の着地点

降りたところは砂場になっていましたよ。

湯屋ケ谷公園の丘

芝に覆われた丘は駆け回って遊ぶのにも向いた空間となっていました。見通しもいいので子供を遊ばせておくのにも好都合です。

アルプスの少女ハイジの気分で走り回れそうな場所ですよね。背後には木々に囲まれたエリアがあります。

湯屋ケ谷公園の丘にある芝生

足もとは芝で覆われています。豊かに生い茂っているので自然のクッションとなってくれています。きっと遊びまわる子供たちを守ってくれることでしょう。

湯屋ケ谷公園の遊具の種類

湯屋ケ谷公園には複合遊具以外にも遊具がありますよ。スネイクジャングルに挑戦してみましょう。

湯屋ケ谷公園の遊具の種類

湯屋ケ谷公園の中で一番目を惹くのが長いすべり台を持った複合遊具ですが、それ以外にも遊具があります。

長いすべり台で遊ぶのにはまだ早いという幼児には、幼児用の遊具のコーナーを活用するといいでしょう。

スネイクジャングルという珍しいタイプの遊具もありましたよ。幅の広い年齢の子供に対応したものになっていました。

湯屋ケ谷公園にある小さな滑り台

黄色いすべり台を備えた幼児用の複合遊具があります。親の手の届く高さに抑えられているので、幼児が遊ぶのをサポートするのもたやすそうです。

幼児を遊ばせるのにピッタリな遊具ですね。

湯屋ケ谷公園にあるスプリング遊具

ユーモラスな顔をしたスプリング遊具も揃っていました。ちょっと塗装が剥げて年月を感じさせるものになっていました。

湯屋ケ谷公園にある可愛いスプリング遊具

子供が乗る背中の部分も背が低くなっているので、幼い子供でもチャレンジできそうですよ。

湯屋ケ谷公園にある砂場

黄色いすべり台を備えた幼児用の複合遊具やスプリング遊具は同じ砂場の中にあります。ここを幼児を遊ばせるベースにするとよさそうですね。

ごみなどが入っていないきれいな砂場になっていたので安心して遊ばせることができるようになっていました。

湯屋ケ谷公園にある複雑な遊具

一見するとなにかの芸術作品のように見えるのですが、これも遊具なのです。

スネイクジャングルといってジャングルジムの仲間なんですよ。スネイクの言葉通り蛇が絡みついたような複雑なカタチとなっています。

湯屋ケ谷公園にある平均台

こちらは平均台です。一見芝に埋もれるような感じになっていますね。自分のバランス感覚が優れているかどうかを計ることができます。

湯屋ケ谷公園にある鉄棒

鉄棒やブランコなどよくある遊具もありました。

湯屋ケ谷公園にあるブランコ

どの遊具も丘のエリアに集まっています。ですので遊具を巡りながら遊びまわることができます。

湯屋ケ谷公園の丘にある道

公園内に道があって丘の裏側にも行くことができるようになっています。

丘の裏側は木々が立ち並んでいて昆虫採集をするのにピッタリな場所となっていました。パパと一緒に虫探しをしてみてはいかがでしょうか。

湯屋ケ谷公園の広場とベンチ

丘のふもとには広場があります。軽い球技をプレイするのに向いています。

湯屋ケ谷公園の広場とベンチ

湯屋ケ谷公園には広場もあります。広さは十分にありますので軽い球技をプレイするのに不自由することはないでしょう。

ボール遊びの場としても湯屋ケ谷公園はねらい目です。

ですが本格的なグラウンドではないので野球やサッカーなどで公園外にボールが飛び出すような遊びは避けるのが賢明でしょう。

湯屋ケ谷公園の屋根付きのベンチ

丘には屋根付きの休憩所が設けられています。木造りのテーブルとベンチが置かれていました。

ウッディな雰囲気で湯屋ケ谷公園のイメージにもピッタリ合ったものとなっていました。みんなで仲良くお弁当を広げる場所としてもいいかもしれませんね。

湯屋ケ谷公園の屋根付きのベンチから見る広場

この休憩所からは展望がとてもよく広場も一望できます。また砂場にも近く幼児の遊ぶ姿をパパやママがここから見守ることもできますよ。

UVを気にするママはここを日よけに使うといいでしょう。

湯屋ケ谷公園の屋根付きのベンチの反対の休憩所

広場を挟んで丘の反対側にも休憩所が設けられています。こちらはコンクリートの柱で近代的なイメージとなっています。

一部には半透明なガラスに覆われた屋根も付いています。

湯屋ケ谷公園のベンチ

またその休憩所近くにベンチも置かれていました。

湯屋ケ谷公園のサービスと設備は?

湯屋ケ谷公園にはトイレがあります。バリアフリーな多目的トイレもありましたよ。

湯屋ケ谷公園のサービスと設備は?

湯屋ケ谷公園にはちゃんとトイレがあるので安心です。まわりは住宅街なのでトイレがないと困ってしまいますが、そんな心配は不要でした。

中は多目的トイレもあってバリアフリー仕様となっていました。

湯屋ケ谷公園の洋式トイレ

清潔感のある洋式のトイレとなっていましたよ。ちゃんと掃除もなされているのもよかったです。

湯屋ケ谷公園の手洗い所

トイレットペーパーが見当たらなかったので、ぜひともペーパーは持参していってくださいね。

またべビーカーレンタル、ベビーシート、おむつ替えシート、授乳室など子供のための設備はありませんでした。


コインロッカーなどは総合運動公園駅の改札を出たところにあるので必要ならばそこのコインロッカーを使うといいでしょう。

湯屋ケ谷公園へのアクセス(行き方)は?

湯屋ケ谷公園へ行くには神戸市営地下鉄・総合運動公園駅が最寄り駅となります。歩いて7分で公園に着きます。

湯屋ケ谷公園の最寄り駅は神戸市営地下鉄・総合運動公園駅です。

湯屋ケ谷公園へのアクセス(行き方)は?

公園を出るとすぐに総合運動公園になっていて、ほっともっとフィールド神戸という大きな球場が見えています。

その球場の横の通路を通って行って住宅街の方へと向かうと湯屋ケ谷公園に到着します。

湯屋ケ谷公園の駐車場

湯屋ケ谷公園に自動車で行く場合は、神戸淡路鳴門自動車道の布施畑ICから総合運動公園方面へと進むといいでしょう。

5分ほどで湯屋ケ谷公園に着きます。湯屋ケ谷公園には駐車場がないので別な駐車場を利用しなければなりません。

すぐ近くには総合運動公園の広大な駐車場があります。ここを使うといいでしょう。

ほっともっとフィールド神戸に面したところにあるこの駐車場は1日500円と料金となっています。

湯屋ケ谷公園のおすすめ度は?

湯屋ケ谷公園は青空の元で親子で遊ぶのにおすすめな公園です。芝の丘が魅力です。

湯屋ケ谷公園のおすすめ度は

芝の丘や大きな複合遊具があることが湯屋ケ谷公園の魅力です。

青空の元、親子で遊びまわるのには最適な公園といえるでしょう。家族そろって出かけるのにおすすめな公園です。

近くには総合運動公園という大きな公園もあるのですが、こちらは自然公園といった様相で公園の方向性が湯屋ケ谷公園とは違う感じでした。

幼い子供を遊ばせるのには湯屋ケ谷公園の方が向いていましたよ。

まわりにはほっともっとフィールド神戸やコスモスの丘などの見どころもいっぱいなので合わせて回ってみるといいでしょう。

湯屋ケ谷公園の施設概要

住所 兵庫県神戸市西区学園東町7丁目5-6(地図
連絡先 078-912-3750
最寄駅 神戸市営地下鉄・総合運動公園駅
アクセス 神戸市営地下鉄・総合運動公園駅から歩いて7分
営業時間 常時開放
休園日
料金 無料
駐車場
公式サイト https://www.kobe-park


はてなブックマークに追加  湯屋ケ谷公園

関西にある公園一覧へ戻る

この記事を書いた人

如月柊

道端でネコを見かけるとついつい走り寄ってしまう猫好きライターです。あまりにしつこくなぜなぜするので、愛猫からは猫キックしまくられるという冷遇ぶり。でも、猫は気まぐれでもかわいいから許すということで、日々猫と格闘しています。


編集&校正  ビー・エイブル