本文へスキップ

花園中央公園・多目的芝生広場

花園中央公園・多目的芝生広場口コミ

花園中央公園・多目的芝生広場の見どころやおすすめポイントを感想を交えて詳しく紹介します!

花園中央公園・多目的芝生広場

多目的芝生広場は大阪府東大阪市松原南の花園中央公園の中にある施設。とても広い芝の広場が自慢です。

花園中央公園・多目的芝生広場

花園中央公園・多目的芝生広場は大阪府東大阪市松原南にあります。駅からも近い立地なのに、信じられないくらい広大な芝の広場が広がっているのが特徴です。

広さを活かして他の人に迷惑をかけることなく球技を楽しむことができます。健康器具も充実していて健康づくりの場としても有望です。

今回は花園中央公園・多目的芝生広場へ行ってきたので、感想や見どころを写真を交えて詳しくレビューします。

花園中央公園・多目的芝生広場のアクセス

花園中央公園・多目的芝生広場は近鉄「東花園駅」から徒歩約12分。車なら阪神高速道路13号東大阪線水走出口から約10分で着きます。

花園中央公園・多目的芝生広場は近鉄「東花園駅」が最寄り駅となります。

花園中央公園・多目的芝生広場のアクセス

花園中央公園・多目的芝生広場は近鉄「東花園駅」から歩いて行けるので電車で行くのがいいでしょう。

駅から花園中央公園までは10分弱で着くのですが、多目的芝生広場まではさらに花園中央公園の中を歩いていかなくてはいけませんので最終的には12分ほどかかります。

花園中央公園・多目的芝生広場 駐車場

車で行くなら阪神高速道路13号東大阪線を利用するのが便利です。水走出口から降りて府道702号線を南下して約10分で着きます。

花園中央公園内にはタイムズ花園中央公園第1、第2駐車場があります。

どちらも最初の30分は無料で、7:00〜22:00は200円/60分、22:00〜7:00は100円/60分となっています。24時間の最大料金は1000円です。

花園中央公園・多目的芝生広場を詳しく紹介します!

多目的芝生広場の見どころは何といってもその広い芝の広場。もう1つの見どころは併設されたドックランになります。

花園中央公園・多目的芝生広場を詳しく紹介します!

多目的芝生広場に足を踏み入れるとスパーンと視界が開けます。眼下に広々とした芝の広場が広がっている様を見たらきっとすがすがしい気分になると思いますよ。

広場で遊んでいる人たちが豆粒ほどの小ささに見えます。それだけ広大なエリアということですね。

花園中央公園・多目的芝生広場 広大な芝生

子供たちが幾グループかに分かれて遊んでいますが、距離があってすごく遠くに感じます。

この距離感を保つことができれば、もう他の人の事をそれほど心配しないで球技に熱中することができますよね。

花園中央公園・多目的芝生広場 危ない球技は禁止

一応、危ない球技は禁止されています。しかし、子供たちが遊ぶ程度の野球やサッカーならば支障はないでしょう。

思う存分走り回って遊んでもらえますよ。ここに来るのなら是非とも球技の道具を持っていきましょう。

花園中央公園・多目的芝生広場 芝生の様子

花園中央公園・多目的芝生広場 プレーンな芝生

地面は芝に覆われているので、球技で遊ぶのにも向いた環境といえるでしょう。

サッカーゴールや野球のダイヤモンドなどの仕掛けはないので、プレーンなフィールドを自分たちのイマジネーションで遊びのフィールドに変えていくことが必要です。

花園中央公園・多目的芝生広場 ドッグラン

もう1つの見どころがドッグランです。多目的芝生広場でワンちゃんを離すわけにはいきませんが、この中なら自由に駆け回ってもらうことができますよ。

花園中央公園・多目的芝生広場 ドッグラン

ドッグランは小型犬と大型犬のエリアに分かれています。大型犬が怖いちっちゃなワンちゃんでもこれならば安心して遊ぶことができますよね。

中ではボール遊びもできるルールになっているので、ワンちゃん用のボールも忘れずに持っていきましょう。

花園中央公園・多目的芝生広場 広く遊べるドッグラン

この広々としたエリア内でワンちゃんたちを自由に駆け回らせることができます。日頃狭い範囲でしか活動できなくて鬱憤のたまっているワンちゃんたちには絶好の遊び場となることでしょう。

花園中央公園・多目的芝生広場 無料で遊べるドッグラン

このドッグランは無料で利用することができます。ただルールは細かく決まっていますのでそれに従って事故のないように努める必要があります。

まずは周りのワンちゃんと仲良くやれることを確認してからリードを外すようにしましょう。

花園中央公園・多目的芝生広場の遊具と健康器具は?

多目的芝生広場には遊具は1つしかありません。健康器具は充実しています。

花園中央公園・多目的芝生広場の遊具と健康器具は?

多目的芝生広場には遊具は1つしかありません。それがこの複合遊具です。ちょっと簡素な感じの複合遊具ですよね。

遊具で遊びたい場合は近くにラガーステーション花園という遊具が集まった施設があるのでそちらを利用するといいでしょう。

花園中央公園・多目的芝生広場の健康器具

遊具はないのですが、健康器具はとても充実しているのが多目的芝生広場の特徴です。それでは多目的芝生広場の東側に設置されている健康器具の種類を見ていきましょう。

まずは背伸ばし椅子です。これはよく公園で見かける健康器具ですね。

花園中央公園・多目的芝生広場の健康器具

前屈パイプという健康器具です。足のかかとをしっかり地面につけて、手すりの部分を持って徐々に前屈していくという動きができます。

手すりについている赤や青のラインでどの程度前屈できているかを知ることができます。

花園中央公園・多目的芝生広場の健康器具

フットアップという健康器具です。寝そべった形で器具の中に入り、取っ手に手と足をかけて宙ぶらりんになるという動きをするものです。

意外とハードなことをするための健康器具だったのですね。

花園中央公園・多目的芝生広場の健康器具

上半身アーチという健康器具です。アーチ状のパイプを両手でつかみ、その手を右や左へとシフトしていくことで、上半身を曲げていくことができます。

花園中央公園・多目的芝生広場の健康器具

そのほかにもたくさんの健康器具がありますので、ぜひ利用してみてくださいね。

花園中央公園・多目的芝生広場の休憩所は?

大きなスタンドと屋根付きの休憩所があります。特に屋根付き休憩所は唯一の日よけ場所となります。

花園中央公園・多目的芝生広場の休憩所は?

多目的芝生広場を見下ろす形でスタンドがあります。ここからは多目的芝生広場を一望することができるので景色を眺めるためにここに腰を下ろすのもいいと思いますよ。

花園中央公園・多目的芝生広場の休憩所

屋根付きの休憩所は2か所用意されています。石の椅子となっていて長時間居座るのにはあまり向いていない感じでした。

多目的芝生広場の中で日差しを避けることができるのはここくらいしかないので貴重な休憩所となるでしょう。

花園中央公園・多目的芝生広場のトイレの清潔度は?

多目的芝生広場内にはトイレはありません。多目的球技場トライスタジアムの方へ向かう道にトイレ棟があります。

花園中央公園・多目的芝生広場のトイレの清潔度は?

残念ながら多目的芝生広場内にはトイレはありません。トイレに行くには多目的芝生広場を一度出て、多目的球技場トライスタジアムの方へ向かう道へと進みましょう。

そうすると道に面したところにトイレ棟があるのが見えてきます。

花園中央公園・多目的芝生広場のトイレ

このトイレ棟には多機能トイレが用意されています。中は清潔で広々としていました。トイレも手すりが完備されていて誰でも使いやすいようになっていました。

花園中央公園・多目的芝生広場のトイレ

トイレットペーパーもあり、手洗いもありましたが、ベビーシートやオストメイトの設備はありませんでした。

花園中央公園・多目的芝生広場のおすすめ度は?

球技に没頭できるとてもいい広場。ドッグランがあるのでワンちゃんたちを遊ばしてあげる目的で訪れるのもいいでしょう。

花園中央公園・多目的芝生広場のおすすめ度は?

絶対的な広さがありますので周りを気にせず球技に没頭できるいい環境が整っています。球技で思う存分楽しみたいという家族にはとてもおすすめできる広場です。

またドッグランがありますので、ワンちゃんたちを広い空間で遊ばしてあげたいという希望も叶います。

どちらも無料で予約なく使えますので、思い立ったときに遊びに行けるのがいいですね。

花園中央公園・多目的芝生広場の施設概要

住所 大阪府東大阪市松原南2(地図
連絡先 06-4309-3228(東大阪市建設局都市整備部公園管理課)
最寄駅 近鉄「東花園駅」
アクセス <電車を利用する場合> 近鉄「東花園駅」から徒歩約12分
<車を利用する場合> 阪神高速道路13号東大阪線水走出口から約10分
営業時間 8:00〜18:00
休園日 無休
料金 無料
駐車場 あり 最初の30分は無料、7:00〜22:00は200円/60分、22:00〜7:00は100円/60分、24時間最大料金1000円
公式サイト https://city.higashiosaka.7052
(東大阪市ホームページ)

はてなブックマークに追加  花園中央公園・多目的芝生広場

関西にある公園一覧へ戻る


この記事を書いた人

みつ葉

すきま時間で執筆にチャレンジしているひよっこライター。生まれも育ちも神戸。自分の知らない場所を歩きまわって堪能するのが趣味。関西圏の隠れたスポットを見つけて、実際に現地に足を運んでその魅力を発信していきたい!読み手の人たちにその場の空気感みたいなものを伝えられればと思っております。

編集&校正  ビー・エイブル