本文へスキップ

松尾公園

松尾公園の詳細

松尾公園の見どころやおすすめポイントを感想を交えて詳しく紹介します!

松尾公園

広々とした芝の広場があり気持ちよく過ごせる松尾公園(まつおこうえん)。静かな環境が保たれているところです。

松尾公園

松尾公園は神戸市須磨区北落合にある自然豊かな公園です。松尾小学校の目と鼻の先に位置しています。

ここは名谷の住宅街の中でも奥まったところに位置していて、地元の人しか訪れないような場所になります。そのためかとても静かな環境が保たれています。

広々とした芝の広場があり気持ちよく過ごせる空間が広がっています。子供たちのための遊具も揃っています。

今回は松尾公園へ行ってきたので、感想や見どころを写真を交えて詳しくレビューします。

松尾公園のアクセス

松尾公園の最寄り駅は神戸市営地下鉄「名谷駅」。駅から徒歩約18分と少し歩きます。車なら阪神高速31号神戸山手線・白川南出口から約8分です。

松尾公園に行くには神戸市営地下鉄「名谷駅」で降りるといいでしょう。駅からは歩いて約18分という距離です。

車なら阪神高速31号神戸山手線・白川南出口から8分ほどですが幹線道路から遠く、住宅街を縫うように行かないといけない感じです。

神戸市営地下鉄「名谷駅」で降りたら、ゆずりは橋を渡って落合中央公園へと進みましょう。公園には入らずに自動車道に沿って北上していきます。

松尾公園のアクセス

落合中央公園や北須磨文化センターを過ぎるあたりで四つ角が現れますがここは前進です。さらに次の四つ角に達したら左へ曲がり住宅街の方へと進んでいきます。

松尾公園への徒歩でのアクセス

松尾小学校を過ぎて進んでいくといつしか道も歩道のみになってしまいます。小山のふもとに差し掛かかると四つ角になるので右へ曲がり進んでいくと松尾公園の入り口に到着します。

松尾公園近くの駐車場

車で行く場合は阪神高速31号神戸山手線・白川南出口から8分ほどの距離となります。しかし住宅街を縫うように行かないと松尾公園にたどり着けないので面倒です。

また松尾公園には駐車場はありません。松尾小学校の近くのタイムス須磨北落合を利用するのが得策です。ここなら車でのアクセスもしやすくなっています。

料金は8:00〜20:00が40分/200円、20:00〜8:00が60分/100円で最大料金が700円となっています。

松尾公園を詳しく紹介します!

松尾公園の見どころは広々とした芝の広場。人が少ない公園なのでもしかしたら独占して遊べるかもしれませんよ。

松尾公園を詳しく紹介します!

松尾公園は名谷の住宅街の中でも奥まったところにあり、地元の人以外はあまり訪れないような場所になっています。

そのためか休日でも人が少なく静かな環境が保たれています。そんな松尾公園の入り口から中へと進んでいくと行く手の先にパーッと視界が開けている空間が目に飛び込んできます。

ここが松尾公園自慢の芝の広場です。

松尾公園 広大な芝生

道を抜けるととても広い芝の空間が現れます。この広々とした芝の広場が松尾公園の一番の見どころとなります。

人が少ない時が多いので、もしかしたらこの芝の広場も誰にも邪魔されずに独占して遊ぶことができるかもしれませんよ。

広場の左側に見えるのは自然の小山です。松尾公園は小山を背後に持ち緑も豊かです。

松尾公園 シンボルツリー

前方に見えていた石垣の丸いスペースはシンボルツリーを植えているエリアになります。近くに寄ってみると木々が美しい配列で植わっていました。芝の広場の象徴的な存在となります。

松尾公園 緑あふれる公園

芝の広場の周囲は計算された緑の配置でヨーロッパの公園を思わせるような情景となっています。

目立つ建造物はなく、彫刻などのシンボリックなオブジェもありませんが、自然の造形だけで美しさを表現しています。

松尾公園 美しい木々を眺めながらの遊歩道

美しい木々を愛でることができる遊歩道も用意されています。ぜひ歩いて松尾公園の自然を堪能してみてください。このシンプルでうつくしい情景を見逃さないようにしてくださいね。

松尾公園 遊歩道

遊歩道は芝の広場をぐるりと取り囲むように通っています。

歩いていくと芝の広場を周回することができますので、いろんな角度から芝の広場を見て回ることができますよ。ところどころにベンチが設置されています。

松尾公園 遊歩道

小山に近い方は深い木々の闇が迫ってきているかのような感じになっています。自然林の中に踏み込めば昼でも薄暗い空間が広がっています。それだけ自然が濃厚であるということですね。

松尾公園 芝の広場

小山側にあるベンチに座って芝の広場を眺めて過ごすこともできますよ。昼以降は小山の影になって日が当たらなくて済みます。芝の広場で遊ぶ子供たちを見守るのにもいいポジションですね。

芝の広場はのんびりと過ごすのに向いているようです。この広場はグラウンドではないのでボールが飛び出すのを防ぐフェンスなどは施されていません。

野球やサッカーを禁止する表示はありませんでしたが、球技をするのならバトミントンやキャッチボールなど軽めのものがいいかもしれませんね。

松尾公園の遊具と健康器具は?

松尾公園には遊具のある広場もあります。特に砂場は広く幼児を遊ばせるのにはいいですよ。

松尾公園の遊具と健康器具は?

松尾公園の遊具の中で一番目を惹くのがこの砂場です。普通の砂場と違い、とても広い面積を持っています。

これならば何組かの子供たちが同時に遊ぶことも可能ですね。砂の量が豊かなところもよかったです。

松尾公園 ブランコ

松尾公園 鉄棒

砂場の他にはブランコ、すべり台、鉄棒が配置されています。砂場の周囲を取り囲むように遊具が集まっています。

松尾公園 健康器具

大人のための健康器具が多数配置されているのも松尾公園の特徴です。この器具は前屈台です。

自分で何センチ前屈できるかを測ることができます。自分の柔軟性を確かめてみることができますね。

松尾公園 健康器具

松尾公園 健康器具

前屈台の他にも懸垂器具などストレッチに効果がある器具が揃っていました。

松尾公園 健康器具

またステップポットというバランスを取りながらステップを進んでいく器具もありました。筋力と平衡感覚を強化するのに向いている器具でした。

松尾公園の休憩所は?お弁当を食べるところはあるの?

松尾公園にある2か所の休憩所。特に芝の広場の奥にある休憩所はお弁当を食べるのにも向いています。

松尾公園の休憩所は?お弁当を食べるところはあるの?

こちらは芝の広場の奥にある休憩所です。芝の広場からは少し奥まったところに位置し人目にさらされにくい場所となります。

松尾公園 休憩所

こちらには木製のベンチが備え付けられています。残念ながらテーブルはありません。屋根はオープンエアーなタイプですが、背後に小山があるので日陰になりやすく過ごしやすくなっています。

松尾公園の休憩所

もう1つの休憩所は砂場の近くにあります。ここからは砂場や遊具で遊ぶ子供たちが見えます。

日差しを遮るタイプの屋根が付いていますので、日に当たらないところから子供たちを見守ることができますね。

松尾公園の休憩所

椅子は木の切り株タイプになっていますので、長時間使うのには向かない感じでした。テーブルもないのでお弁当をいただくのにも向かないでしょう。

短い時間の休憩用に活用するのがよさそうですね。

松尾公園のベンチ

お弁当を食べるのには遊歩道に設置されたベンチも活用できそうですね。大人は買い込んできた缶コーヒーなどでコーヒーブレイクなどを楽しむのもいいでしょう。

自然を眺めながらの一息もいいものですよ。

松尾公園のトイレと設備は?

松尾公園にはトイレはありません。設備としては水道があります。

松尾公園のトイレと設備は?

松尾公園には残念ながらトイレはありません。周りも住宅街でコンビニなども近くないため使えそうなトイレはありません。

できれば名谷駅や須磨パティオの商業施設内で済ませてから行くのがよさそうです。また水道の設備はあるので、手を洗ったりはできますよ。

松尾公園のおすすめ度は?

休日でも混み合わない静かな公園。混みあった公園は疲れると思う人にはおすすめの穴場となります。

松尾公園のおすすめ度は?

休日でも混み合わない静かな公園を求めるのなら松尾公園はおすすめの場所となります。せっかくの休日だからゆっくりと過ごしたいというニーズに応えてくれるでしょう。

規模が大きい芝の広場でいろんな遊びに興じるのもいいでしょう。何か遊び道具を持っていくことをおすすめします。

静かなだけではなく美しい公園なので散策して楽しむことができる点もいいですね。穴場の公園として押さえておくといいと思いますよ。

松尾公園の施設概要

住所 兵庫県神戸市須磨区北落合3丁目2(地図
連絡先
最寄駅 神戸市営地下鉄「名谷駅」
アクセス <電車を利用する場合> 神戸市営地下鉄「名谷駅」から徒歩約18分
<車を利用する場合> 阪神高速31号神戸山手線・白川南出口から約8分
営業時間 24時間開放
休園日 無休
料金 無料
駐車場
公式サイト

はてなブックマークに追加  松尾公園

関西にある公園一覧へ戻る


この記事を書いた人

みつ葉

すきま時間で執筆にチャレンジしているひよっこライター。生まれも育ちも神戸。自分の知らない場所を歩きまわって堪能するのが趣味。関西圏の隠れたスポットを見つけて、実際に現地に足を運んでその魅力を発信していきたい!読み手の人たちにその場の空気感みたいなものを伝えられればと思っております。

編集&校正  ビー・エイブル