本文へスキップ

道の駅びわ湖大橋米プラザ

道の駅びわ湖大橋米プラザへ行ってきました!

道の駅びわ湖大橋米プラザの見どころやおすすめポイントを感想を交えて詳しく紹介します!車中泊は可能なの?

道の駅びわ湖大橋米プラザ

道の駅びわ湖大橋米プラザは滋賀県大津市にある道の駅、びわ湖大橋の堅田側にあります。道の駅びわ湖大橋米プラザの外にはデッキがあり、びわ湖の眺望は抜群。夏になると水遊びが楽しめます。

道の駅びわ湖大橋米プラザ

道の駅びわ湖大橋米プラザのポイントは名のとおり、近江米が充実していること。店内では精米したてのお米を購入できます。

もちろん、お米を使った加工品も充実。中にはみたらし団子を巨大化したギガ団子もあるので、お見逃しなく。

道の駅びわ湖大橋米プラザではさまざまな滋賀県の特産物が取り揃えられています。いろいろな商品があるため、道の駅びわ湖大橋米プラザだけでお土産を完結させることもできますよ。

また、道の駅ということもあり、レストランで食事をとることができます。レストランでは近江牛を使ったメニューに注目したいところ。

価格もリーズナブルなので、気軽に滋賀県の食を満喫できます。

今回は道の駅びわ湖大橋米プラザへ行ってきたので、写真付きで感想をレビューします。

道の駅びわ湖大橋米プラザへのアクセス

道の駅びわ湖大橋米プラザへは江若交通バス「びわ湖大橋米プラザ」から徒歩すぐと好アクセス。敷地内には駐車場もあるので、車で行くことも可能です。

道の駅びわ湖大橋米プラザの最寄り駅はJR琵琶湖線「守山駅」もしくはJR湖西線「堅田駅」です。

「守山駅」から江若交通バスに乗り「びわ湖大橋米プラザ」下車、同じく「堅田駅」も江若交通バスに乗り「びわ湖大橋米プラザ」で降ります。

「守山駅」から「びわ湖大橋米プラザ」までは25分、「堅田駅」から「びわ湖大橋米プラザ」までは10分です。

道の駅びわ湖大橋米プラザへのアクセス

車ですと、名神高速道路大津ICから約40分、湖西道路真野ICから約5分、「堅田駅」から約5分です。

道の駅びわ湖大橋米プラザってどんなところ?見どころは?

道の駅びわ湖大橋米プラザの見どころは近江米です。滋賀県は米どころとしても知られ、道の駅びわ湖大橋米プラザでは精米したてのお米を購入できます。

道の駅びわ湖大橋米プラザってどんなところ?見どころは?

滋賀県といえば有数の米どころとして知られています。道の駅びわ湖大橋米プラザはその名のとおり、近江米や近江米の加工品が購入できます。

また、店内では近江米をその場で精米してくれるので、精米したてのおいしいお米が手に入ります。また、お米ゆるキャラ「おうみくん」もチェックしましょう。

道の駅びわ湖大橋米プラザ おうみくん

こちらがお米ゆるキャラ「おうみくん」です。正直なところ、あまり知名度が高くないキャラクターなので、道の駅びわ湖大橋米プラザでカメラに収めることをおすすめします。

いろいろなお米があり、料理に合わせて選べるようになっています。道の駅びわ湖大橋米プラザではお米の食べ比べも楽しめます。食べ比べを通じて、お米の知識も深まることでしょう。

また、お米に詳しいスタッフもいるので、いろいろと尋ねることをおすすめします。

道の駅びわ湖大橋米プラザではお米だけでなく、お米を使った加工品も購入できます。

道の駅びわ湖大橋米プラザ ギガ団子

こちらはギガ団子です。ギガ団子はみたらし団子を巨大化したもの。味もさることながら、インスタ映えする商品なので、購入するとおもしろいですよ。

また、団子の柔らかい食感にも注目してください。

近江の食が楽しめる道の駅びわ湖大橋米プラザ

道の駅びわ湖大橋米プラザでは近江米だけでなく、さまざまな近江の特産品を購入できます

近江の食が楽しめる道の駅びわ湖大橋米プラザ

道の駅びわ湖大橋米プラザでは近江米だけでなく、さまざまな近江の特産物を購入できます。いろいろな種類があるので、道の駅びわ湖大橋米プラザだけでお土産を揃えることもできますよ。

道の駅びわ湖大橋米プラザ 滋賀の名産品

こちらは近江のお茶です。滋賀県は古くから香り高い銘茶の産地として知られています。

今から1200年前、最澄が唐から茶の実を持ち帰り、比叡山麓の大津市にまいたことが始まりと言われています。滋賀県は昼夜の温暖さが激しく、霧が発生しやすい土地柄。

そのような土地で育ったお茶は風味豊かなものになります。お茶目当てに訪れるなら5月がおすすめ。5月に行けば新茶を購入することができますよ。

また、近江のお茶を購入したら、和菓子もチェックしたいところですね。

道の駅びわ湖大橋米プラザ 滋賀の近江牛牛めし

滋賀県の食といえば、やはり近江牛。近江牛は全国クラスのブランド牛ですが、日本で歴史のある銘柄でも知られています。

言い伝えによると、400年前から食べられている、とか。戦国時代には、豊臣秀吉が家来に対して近江牛を振舞いました。また、近江牛は神戸牛、松阪牛と並んで日本三大牛肉のひとつ。

霜降りの度合いが高く、脂が溶け出す融点も低いため、さっぱりと食べられます。そのため、近江牛は胃もたれしにくい肉と言われています。

ところで、近江牛は他のブランド牛よりも、価格は少し安め。道の駅びわ湖大橋米プラザでは近江牛を使った加工品もたくさんあります。

道の駅びわ湖大橋米プラザ 近江牛せんべい

ユニークな近江牛の加工品としては近江牛せんべいがあります。お肉のせんべい、どのような味でしょうか。他にも近江牛コロッケなど、食べ歩きにも最適な商品もあります。

道の駅びわ湖大橋米プラザ 紅ぶどう竜宝

こちらは野菜や果物が販売されている、直売所「おいしやうれしや」です。こちらは滋賀県特産の紅ぶどうである竜宝(りゅうほう)です。

竜宝は果汁たっぷり! 肉質が軟らかく、甘みの強いぶどうとして知られています。なお、竜宝は宅配には向かないので、道の駅びわ湖大橋米プラザで購入することをおすすめします。

道の駅びわ湖大橋米プラザ レストラン

道の駅びわ湖大橋米プラザにはレストランもあります。近江にあるレストランらしく、近江牛コロッケ、近江牛弁当、牛タン、ゆばうどんがあります。

また、価格もリーズナブル! 気軽に近江の食を楽しむことができますよ。

道の駅びわ湖大橋米プラザ ご当地ソフトクリーム

レストランではご当地ソフトクリームも販売しています。ご当地ソフトクリームは旅の楽しみとして人気なので、ぜひ楽しんでください。

道の駅びわ湖大橋米プラザのトイレは?

道の駅びわ湖大橋米プラザは道の駅なので、トイレが充実しています。数も広さも充実しています。また、車椅子向けのトイレもあるので、誰でも安心してトイレを利用することができますよ。

道の駅びわ湖大橋米プラザのトイレは?

道の駅びわ湖大橋米プラザは道の駅なので、トイレがとても充実しています。まず、トイレの数は十分!

オンシーズンでも気軽に利用できるでしょう。また、トイレ内は手入れが行き届いており、本当に清潔です。

道の駅びわ湖大橋米プラザ おむつ替え台

車いす用のトイレ、ベビーチェア、おむつ替えシートなども設置されています。したがって、誰でも安心してトイレを利用することができます。

洗面所もたくさんあるので、あまり待つことなくスムーズにトイレを利用できそうです。洗面所には石鹸がついており、とても便利です。

道の駅びわ湖大橋米プラザのトイレ

なお、トイレは洋式と和式トイレを完備。トイレの個室にはトイレットペーパーがちゃんと入っており、不足がないように心がけていました。

女子トイレの中には子供用の男子小便器があります。小さな男の子を連れているお母さんにとっては、助かる設備ですね。

道の駅びわ湖大橋米プラザ 駐車場

当然のことながら、駐車場は充実しています。駐車場は野ざらしですが、普通車は100台ほど入ります。なお、道の駅びわ湖大橋米プラザの駐車場は無料。ドライブの休憩に最適ですよ。

道の駅びわ湖大橋米プラザのおすすめ度は?

道の駅びわ湖大橋米プラザは親子連れにおすすめ。建物の外にはびわ湖が眺められるデッキがあります。

道の駅びわ湖大橋米プラザのおすすめ度は?

道の駅びわ湖大橋米プラザは親子連れにおすすめ。建物の外にはびわ湖が眺められるデッキがあり、そこからびわ湖湖畔に出られます。

夏になると、水遊びが楽しめますよ。また、びわ湖の周りをのんびりと散策することも可能。道の駅びわ湖大橋米プラザはいろいろな楽しみ方ができるスポットです。

道の駅びわ湖大橋米プラザの施設概要

住所 滋賀県大津市今堅田3-1-1(地図
連絡先 077-572-0504
最寄駅 JR琵琶湖線「守山駅」、JR湖西線「堅田駅」
アクセス 名神高速道路大津IC・栗東ICから車で約40分、湖西道路真野ICから車で約5分、JR湖西線堅田駅から車で約5分
営業時間 道の駅休憩施設(2F):9:00〜17:00
レストラン・売店(1F):9:00〜19:00(10月 11月3月 9:00〜18:00、12月〜2月 9:00〜17:00)
米プラザ(おいしやうれしや):9:00〜19:00(10月 11月3月 9:00〜18:00、12月〜2月 9:00〜17:00)
※レストラン・売店は土日・祝日および季節等により時間延長あり
休園日 年末年始
料金 無料
駐車場 無料駐車場あり(普通車:136台 大型車:18台)
公式サイト http://umino-eki.biwakoohashi/

はてなブックマークに追加  道の駅びわ湖大橋米プラザ

関西にある道の駅一覧へ戻る


この記事を書いた人

如月柊

道端でネコを見かけるとついつい走り寄ってしまう猫好きライターです。あまりにしつこくなぜなぜするので、愛猫からは猫キックしまくられるという冷遇ぶり。でも、猫は気まぐれでもかわいいから許すということで、日々猫と格闘しています。


編集&校正  ビー・エイブル