本文へスキップ

なんばパークス

なんばパークスのおすすめと見どころは?

なんばパークスの見どころやおすすめを感想を交えて紹介します。アクセスや駐車場、入館料金・割引料金(割引チケット)などの詳細もあり!

なんばパークス

なんばパークスは大阪市浪速区にあるショッピングゾーンを中心とした複合施設。ガーデンと呼ばれる地上から9階までつながっている緑の公園があるのが特徴です。

なんばパークス

なんばパークスは大阪市浪速区にある複合施設です。

南海電車なんば駅すぐという都心にありながら、ガーデンと呼ばれる緑の公園を備えていることが特徴です。

この場所は元南海ホークスの本拠地となっていた大阪球場があった場所。その跡地になんばパークスは誕生しました。

メインはショッピングゾーンで、飲食店や映画館なども備えた大きなモールになっているなんばパークス。

ショッピングゾーンと共存する形で、緑のガーデンゾーンがあり、子供が遊ぶためのエリアや、緑に囲まれた憩いのためのエリアが都会にあるということで人気があります。

今回はなんばパークスへ行ってきたので、感想や見どころを写真を交えて詳しくレビューします。

なんばパークスってどんなところ?見どころは?

なんばパークスはまるで自然の公園に訪れたかのような自然豊かな場所です。難波の街並みも見渡せる上層からの展望が見どころとなります。

なんばパークスってどんなところ?見どころは?

なんばパークスは地上10階、地下3階から成る人工の建物。それなのに、まるで自然の公園に訪れたかのような植物にあふれた場所となっています。

特に3階から9階までの屋外ゾーンはガーデンとして多彩な植物に覆われていて、上層からは展望を楽しむことができます。

なんばパークス 上からの景観

なんばパークスの敷地内を上から見下ろすことができるようなスペースもあります。

まるでアメリカのグランドキャニオンの渓谷を上から見ているような情景になっていておもしろいですよ。きっと子供も大騒ぎです。

なんばパークス 難波の街並み

ところどころからは周囲の難波の街並みが見えます。

なんばパークスは高さもあるので外の眺望も抜群です。展望台として楽しむこともできるので、ここから難波の街並みを見てみるのもいいですね。

なんばパークス 南海電車の車両解説

なぜか南海電車の車両が掲示されているコーナーがありました。なんでこんな場所に電車の解説があるのか不思議ですよね。

なんばパークス 南海電車の展望スポット

実はここは南海電車の展望スポットとなっているのです。この掲示のある場所からは、南海なんば駅から出入りする南海電車がよく見えますよ。

ねらい目は関西空港と結ぶ特急ラピートのかっこいい姿です。

南海電車をあまりよく知らない場合はまずはどんな車両があるのかを掲示を見て、勉強してから電車ウオッチングを楽しむといいでしょう。

なんばパークスのガーデンってどんなところ?

日本最大級の規模を誇る屋上庭園となっているガーデンは無料で、誰でも気楽に楽しむことができますよ。

なんばパークスのガーデンってどんなところ?

商業施設の屋上に設置された緑地としては、日本最大級の規模を誇っているのがガーデンです。

無料で入ることができる施設となっていますので、誰でも気楽に楽しむことができますよ。難波の真ん中という都会の中で自然あふれる小道の散策ができます。

なんばパークス 都会のオアシス

建物の屋上にあることが信じられないくらいに緑があふれているガーデン。

なんばパークス ショッピング後の自然の散策

ショッピングを楽しんだ後に気楽に訪れて自然の中を散策するといいでしょう。

エスカレーターかエレベーターで一気に上まで上がって、ガーデンの小道を散策しながら徒歩で地上まで降りてくるというコースがおすすめです。

なんばパークス 花水木の広場

散策しながら下っていくと、花水木の広場と呼ばれる場所に出ました。ここは円形の花壇の中に季節の花が色とりどりに咲き誇っています。

なんばパークス 花水木の広場のベンチ

まわりにはベンチもあるので、静かなひとときを過ごすこともできますよ。

なんばパークス せせらぎの杜

さらに下っていくとせせらぎの杜と呼ばれる場所にたどりつきます。ここにはなんと小川も流れています。

なんばパークス 本物そっくりの小川

もちろん、ビルの一角なので、人工の小川なのですが、まるで本物そっくりで、一瞬どこにいるのか錯覚してしまいます。

なんばパークス 森林浴気分を楽しめる

まるで山のハイキングコースに迷い込んだような緑の濃さに森林浴しているような気分になること間違いなしです。

なんばパークス ガーデン散策に最適

ガーデンにあるいろんな緑の姿を見ながら下っていくと自然と地上まで戻ってきます。ぜひともガーデンの散策にチャレンジしてみてください。

なんばパークスの遊具や広場は?

ガーデンの最上階には子供が遊べるエリアもあります。なんと無料で利用できます。

なんばパークスの遊具や広場は?

ガーデンの最上階には、はらっぱ広場と呼ばれる子供が遊べるエリアがあります。

都会の真ん中のショッピングモールに、まさか子供と遊べるスペースがあるなんて思いもしないですよね。しかも無料で利用できるというから驚きです。

なんばパークス 無料で遊べる遊具

遊具が木で作られているのがいいですね。

なんばパークス 安全に配慮した遊具

取っ手があってよじ登れるコーナーもありますよ。遊具のすぐそばの足場は、クッション性の高いものになっていたので、万一高いところから落ちても比較的安心です。

幼い子供を遊ばせるのにもいいですよね。

なんばパークス 人工芝の広場

人工芝の広場もあります。これなら子供ものびのびと遊べそうですね。ショッピング疲れでぐったりしている子供のご機嫌を取るのにも最適な場所になりそうです。

なんばパークス 人工芝でのびのび遊べる

少し離れたところにも人工芝の広場があります。こちらはバスケットボールのプレイができそうなくらいの広さがありました。

なんばパークス 人工芝

ただここは9階なので、ボールが落ちたらと考えると怖いですよね。ボール遊びは自粛した方がよさそうですね。全体的にデパートの屋上のような趣きがあります。

なんばパークスの子供が喜ぶスポット

なんばパークスには有料で子供を遊ばせることができる施設もあります。また子供が喜びそうなスポットも多数ありました。

なんばパークスの子供が喜ぶスポット

なんばパークスにはキッズプレイプレイス「Kodomonia!」という有料で子供を遊ばせることができる施設があります。

子供だけではなく、親も一緒に入場することもできますよ。いつもの遊具とは違う起伏にとんだ形状のものがあるので、新しい発見があるかもしれませんね。

なんばパークス Kodomonia!

Kodomonia!のスペースの使用は、6カ月の赤ちゃんから8歳までの子供が対象となっています。

なんばパークス 有料の施設Kodomonia!

料金は30分600円で、延長10分につき100円が加算されます。大人は入場に300円かかりますが延長の加算はありません。

平日フリーパス1200円や土日祝2時間パック1200円などのお得なパスもありますよ。

なんばパークス ゲームセンター

もう少し年齢が上の子供にはゲームセンターもあります。パパと一緒にゲーム対決をするのもいいですね。白熱の勝負となることでしょう。

なんばパークス ゼビオ前クマのぬいぐるみ

こちらはクマのぬいぐるみです。スポーツ用品店のスーパースポーツゼビオの前には、パパやママの背丈よりも高いクマのぬいぐるみがいますよ。

ここは写真撮影スポットとなっているのでぜひともクマと一緒に写真を撮っておきましょう。

なんばパークス スポーツ選手のユニフォーム展示

スーパースポーツゼビオにはいろんなスポーツ界のスーパースターたちのユニフォームも展示してありました。

なんばパークス ゼビオスポーツ選手のユニフォーム

スポーツ好きな子供にとっては目の離せないスポットかもしれませんね。お気に入りの選手を見つけてみるのも楽しそうですね。

なんばパークス トイザらス

おもちゃが揃うトイザらスも子供の行きたいスポットとなることでしょう。

赤ちゃん連れの場合はベビザらスもありますので、ベビー用品なども見て回ることができます。

なんばパークス グランパパ

おもちゃといえば俳優の津川雅彦がプロデュースするおもちゃ屋グランパパもあります。いろんなおもちゃがあるので、いろんな中から選べるのが楽しいですね。

なんばパークスにあるショップは?

なんばパークスにはいろんなお店が揃っています。飲食店も多数ありますので食事をするところに困ることはないでしょう。

なんばパークスにあるショップは?

なんばパークスの建物の中にはいろんなお店が揃っています。

大阪難波を代表するショッピングゾーンの1つになっていますので、ここだけで大抵のものは揃いますよ。

なんばパークスの中だけでも一日楽しめるような感じです。

なんばパークス 多数ある飲食店

軽い喫茶からレストランまでなんばパークスにはいろんな飲食のお店が揃っています。

なんばパークス レストラン

オープンエアの喫茶で気楽なランチをとるのもよし、6階、7階のレストランでグルメにいそしむのもよしです。

なんばパークス ファッションのショップ

なんといってもなんばパークスのお店のメインはファッション関係でしょう。

なんばパークス 数多くあるファッションショップ

パパやママも自分たちの買い物を楽しみたいですよね。ここならきっと好みのファッションが見つかりますよ。

パパに子供と遊んでもらいながら、ママは買い物をするという使い方もできるのは、なんばパークスならではの楽しみ方ですね。

なんばパークスにベンチは?休憩スペースはある?

ガーデンを中心にベンチは豊富に用意されています。休むスペースが豊かにあることもなんばパークスの特徴です。

なんばパークスにベンチは?休憩スペースはある?

なんばパークスにはいたるところに自由に使えるベンチやイスが用意されています。

ガーデンにあるベンチを利用して自然に囲まれた環境の中でゆったりと過ごすこともできますよ。

なんばパークス ガーデン内のベンチ

ガーデンでは、人があまり来ないスペースを見つけられれば自分だけの時間を過ごすこともできます。

なんばパークス 店内での休憩所

また建物内にもイスが配置されていますので、ショッピングに疲れたら気楽に腰掛けることができますよ。

飲食もできるので、ちょっと子供におやつを与えたい時などに使えそうですね。

なんばパークスのトイレやサービス、設備は?

なんばパークスにはトイレは多数用意されています。トイレの中の設備も充実していました。

なんばパークスのトイレやサービス、設備は?

なんばパークスにはトイレは多数用意されていますので困ることはないでしょう。子供のトイレを心配しなくていいので助かります。



なんばパークスの美しい外観と同じく、トイレの中も清潔に保たれていました。

なんばパークス ベビーベッド、オストメイト

べビーベッド、オストメイトなどの設備もバッチリです。これだけ充実していれば積極的に使いたいと思いますよね。

なんばパークス 洗面台

5階には授乳室もあります。

なんばパークス ガーデン内自動販売機

ガーデンにはジュースの自販機もありましたよ。

テーブルやイスも用意されているので、喫茶店に入らなくても、ここでリーズナブルにお茶を楽しむことができるようになっていました。

なんばパークスへのアクセス(行き方)は?

なんばパークスに一番近いのが南海なんば駅です。南口から降りたらすぐになんばパークスにアクセスできます。

難波には鉄道各社が乗り入れていますので、いろんな路線からなんばパークスにアクセスすることができます。

なんばパークスへのアクセス(行き方)は?

南海なんば駅の南口が一番近くて、改札出てすぐの位置になんばパークスがあります。

JR難波駅の北出口からは歩いて約11分です。

大阪メトロ御堂筋線のなんば駅で降りるなら、南改札から出て歩いて約7分となり、大阪メトロ千日前線なんば駅なら、東改札から出て歩いて約8分です。

大阪メトロ四ツ橋線なんば駅からは南改札から出て歩いて約9分。近鉄難波駅なら、東改札より出て歩いて約9分です。

なんばパークス 車の利用も可

自動車でなんばパークスに行くなら、阪神高速15号線の湊町出口で降りて6分ほどです。

なんばパークス なんばパークス駐車場

なんばパークスには、なんばパークス駐車場があります。営業時間は9:00〜0:30で料金は平日100円/15分、土・日・祝250円/20分です。

平日は、最大料金が設定されていて1000円となっています。

なんばパークスと近くのなんばCITYでの買い物の金額合算5000円以上で2時間の駐車無料サービスがあります。

なんばパークス駐車場は巨大なので、どこに車を置いたのか覚えておいてくださいね。

また駐車場サービスの受付場所は2階インフォメーション、地下2階駐車場ロビー、6階駐車場サービスカウンターがあります。

なんばパークスのおすすめ度は?

オールマイティーに楽しめるのがなんばパークスの魅力です。子供と一緒に行くショッピングモールとしておすすめです。

なんばパークスのおすすめ度は?

ショッピングも楽しみたいけど、子供が退屈して困るというケースはよくありますよね。

そんな場合でも、子供の遊び場があるなんばパークスなら大丈夫です。

パパが子供を遊ばせている間にママがショッピングを堪能するといったこともでき、子供と一緒に行くショッピングモールとしてはおすすめの場所です。

ショッピングから食事、そして自然散策までいろんな楽しみ方ができるのでオールマイティーに楽しめるでしょう。

なんばパークスの施設概要

住所 〒556-0011 大阪府大阪市浪速区難波中2丁目10番70号(地図
連絡先 06-6644-7100
最寄駅 南海なんば駅、JR難波駅、大阪メトロなんば駅、近鉄難波駅
アクセス 南海なんば駅南口すぐ、JR難波駅北出口より歩いて約11分、大阪メトロ御堂筋線なんば駅南改札より歩いて約7分、大阪メトロ千日前線なんば駅東改札より歩いて約8分、大阪メトロ四ツ橋線なんば駅南改札より歩いて約9分、近鉄難波駅東改札より歩いて約9分
営業時間 ショッピング11:00〜21:00、レストラン11:00〜23:00、ガーデン10:00〜24:00
休業日
料金
駐車場 あり
公式サイト http://nambaparks


はてなブックマークに追加  なんばパークス

関西にある商業施設一覧へ戻る

この記事を書いた人

如月柊

道端でネコを見かけるとついつい走り寄ってしまう猫好きライターです。あまりにしつこくなぜなぜするので、愛猫からは猫キックしまくられるという冷遇ぶり。でも、猫は気まぐれでもかわいいから許すということで、日々猫と格闘しています。


編集&校正  ビー・エイブル