本文へスキップ

舞子細道公園

舞子細道公園のおすすめと見どころは?

舞子細道公園のの見どころやおすすめを感想を交えて紹介します。アクセスや駐車場、入館料金・割引料金(割引チケット)などの詳細もあり!

舞子細道公園

舞子細道公園(まいこほそみちこうえん)は神戸市垂水区にある山田川に接している公園。背後には小山もあり自然豊かな環境にあります。

舞子細道公園

舞子細道公園は神戸市垂水区にある公園です。公園の前には山田川が流れていて、背後には小山が迫っているという立地にあります。

川ではチャンスがあれば野鳥の姿を見ることができたり、山では木陰の中のベンチで休んだりすることができます。このような自然豊かな環境が舞子細道公園の自慢です。

コンパクトな敷地の中に広場とバスケットボールゴールをはじめとする遊具があります。山を介して大歳山遺跡公園ともつながっています。

今回は舞子細道公園へ行ってきたので、感想や見どころを写真を交えて詳しくレビューします。

舞子細道公園ってどんなところ?見どころは?

山と川に囲まれている舞子細道公園。それぞれのもたらす自然な風景が見どころとなります。

舞子細道公園ってどんなところ?見どころは?

舞子細道公園の背後は小山になっていて、山の一部も公園に含まれているのが特徴となっています。

その山を生かした自然の木々に囲まれたエリアを散策することができるようになっています。また公園の横には山田川が流れており、時より野鳥が羽を休めにやってきます。

山や川のもたらす自然な風景が舞子細道公園の見どころとなります。

舞子細道公園 自然の風景が豊かな公園

舞子細道公園のグラウンドの背後にはもう山が迫っています。グラウンドから階段で山の方へと上がれるようになっています。

山に向かって段々になった広場が続きます。この広場は木々がうっそうとしていて日陰のエリアとなっています。

山の上へと昇っていく階段があり、この階段を登りきると一気に視界が開けて大歳山遺跡公園という別な公園に出ます。

この階段は大歳山遺跡公園への連絡通路ともなっているのです。

舞子細道公園 子供が遊べる公園

山側の広場からは舞子細道公園を見下ろすことができます。ここからは公園全体を見渡すことができるので、子供たちの遊ぶ姿を見守ることもできますよ。

舞子細道公園 脇に流れる山田川

舞子細道公園のすぐ脇には山田川が流れています。多聞から舞子を縦断する形で流れている川で海へと続いています。

舞子細道公園 野鳥が見れる山田川

ここにはよく鷺の仲間が羽を休めにやってきます。タイミングが良ければそんな野鳥の姿を見ることができるかもしれませんよ。

舞子細道公園の遊具や広場は?

コンパクトな舞子細道公園は遊具の数も少なめ。その中で目立つのはバスケットボールゴールでしょう。ちょっとした広場もあります。

舞子細道公園の遊具や広場は?

舞子細道公園はコンパクトな公園なので遊具の数も少なめなのですが、その中で注目なのはバスケットボールゴールです。

本格的な高さを持ったものなのでバスケットボールのシュートの練習を心ゆくまで楽しめますよ。

ゴールは1つしかないのでゲームをするのならスリーオンスリーとなりますね。

舞子細道公園 カラフルな滑り台

カラフルに塗り分けられたすべり台があります。すべり台の下は砂場となっていますので幼児が遊ぶのは適した場所になっています。

しかし、すべり台は高さのあるものとなっていて幼児には利用しづらいものになっていたのが残念でした。

舞子細道公園 鉄棒やブランコ

鉄棒やブランコなどの定番の遊具も置かれています。これらの遊具は山際に設置されています。

木々に囲まれていて木陰になっている時間も長く、日に当たらないで遊ぶことができそうですよ。

舞子細道公園 広場の様子

舞子細道公園にはちょっとした広場もあります。軽い球技をするのに適した広さになっています。

ただ周囲にボールが出るのを防ぐフェンスはないので、野球やサッカーは向かないかもしれませんね。

川も近いのでボールが落ちると回収不能になってしまうので気を付けましょう。広場に面した場所に大人のための健康器具も置かれています。

舞子細道公園の休憩所は?

舞子細道公園には屋根付きの休憩所があります。また各所にベンチも配置されています。

舞子細道公園の休憩所は?

グラウンドに面したところに屋根付きの休憩所が設けられています。テーブルとイスも設置されていますので一休みするのにはもってこいの場所です。

ただ道路に近く人通りがあって落ち着かないのでお弁当を食べたりするのには向かない感じでした。

舞子細道公園 ベンチ

広場にはベンチも配置されています。砂場の近くにもベンチがありますよ。子供たちの遊ぶ姿を近くで見守るのなら、これらのベンチを利用するといいでしょう。

山側の木々がうっそうとしている広場にもベンチが置かれています。人通りもなくて静かに過ごすことができる場所となっています。

お弁当を食べるのならここの方が適していると思いますよ。

舞子細道公園のトイレや設備は?

山側の広場にトイレはあります。また休憩所の近くに水道の設備もあります。

舞子細道公園のトイレや設備は?

舞子細道公園の山側の広場にカラフルな動物たちのイラストを描いたトイレ塔が建っています。

かなり目立つ存在となっているのでトイレの場所はすぐにわかるでしょう。男女の区別がない旧式の構造となっていました。

舞子細道公園 トイレの様子

中は簡易的な和式のトイレとなっていました。清潔さに関しては土汚れ等がみられて微妙なところですね。トイレットペーパーもなく必要最低限の設備といった感じでした。

舞子細道公園 洗面所の様子

あと洗面所は設けられていました。

舞子細道公園 水飲み場の様子

設備としては休憩所の近くに水道が設けられていました。手洗いに加えて水飲み場も設けられているので、水分補給にも利用できますよ。

舞子細道公園へのアクセス(行き方)は?

舞子細道公園の最寄りのバス停は「舞子小学校前バス停」。バス停から歩いて4分ほどかかります。車なら国道2号線で舞子方面へと進んで、次に県道487号線に入って約6分で到着します。

舞子細道公園へはまずJRで「舞子駅」まで行って、そこから神戸市バス・山陽バスの共同運行である52、53、54系統に乗り換えて「舞子小学校前バス停」まで進みます。

バス停からは歩いて4分ほどの道のりです。車で行くならまずは国道2号線を舞子方面へと進み、次に県道487号線に入ってから約6分で到着します。

舞子細道公園へのアクセス(行き方)は?

JR「舞子駅」の改札は1つです。改札を出たら左へと曲がりバス乗り場の方へと進みましょう。

52系統朝霧駅前行き、53系統舞子高校前方面行き、54系統多聞団地方面行きなどが目的バス停の「舞子小学校前バス停」まで行きます。

舞子細道公園 徒歩でのアクセス

「舞子小学校前バス停」で降りたら舞子小学校まで進み、さらに小学校沿いに西へと進んでいきます。

小学校が途切れてしばらくすると右手に開けた道の向こうに緑のエリアがポツンと見えてきます。ここが舞子細道公園となります。

舞子細道公園 周辺駐車場

車で行く場合は国道2号線で海岸沿いを舞子方面へと進んでいきましょう。次に県道487号線に入ってそこから6分ほどの距離です。

ただ舞子細道公園には駐車場がありませんので近くの有料駐車場を使うしかありません。タイムズ西舞子4丁目を利用するのがいいでしょう。

8:00〜20:00が30分200円、20:00〜8:00が60分100円、駐車後24時間の最大料金が600円となっています。

舞子細道公園のおすすめ度は?

自然豊かな環境にある舞子細道公園。大歳山遺跡公園とセットで訪れるのがおすすめです。

舞子細道公園のおすすめ度は?

自然豊かな環境にあって雰囲気のいい舞子細道公園ですが、ちょっと小ぶりなのでここだけを目当てに訪れるのは物足りなさを感じるかもしれません。

できれば大歳山遺跡公園とセットで訪れるのがおすすめです。

大歳山遺跡公園とは隣接しているので山道を介して行き来することができます。

大歳山遺跡公園は風光明媚でいいのですが遊具がないので、舞子細道公園を遊び場として使えば楽しみは倍増しますよ。

舞子細道公園の施設概要

住所 兵庫県神戸市垂水区西舞子4丁目(地図
連絡先
最寄バス停 神戸市バス・山陽バス「舞子小学校前バス停」
アクセス <電車を利用する場合> JR「舞子駅」から神戸市バス・山陽バスの52、53、54系統に乗り換えて「舞子小学校前バス停」下車、徒歩4分
<車を利用する場合> 国道2号線から県道487号線に入って約6分
開園時間 24時間開放
休園日 無休
料金 無料
駐車場
公式サイト


はてなブックマークに追加  舞子細道公園

関西にある公園一覧へ戻る

この記事を書いた人

みつ葉

すきま時間で執筆にチャレンジしているひよっこライター。生まれも育ちも神戸。自分の知らない場所を歩きまわって堪能するのが趣味。関西圏の隠れたスポットを見つけて、実際に現地に足を運んでその魅力を発信していきたい!読み手の人たちにその場の空気感みたいなものを伝えられればと思っております。

編集&校正  ビー・エイブル