本文へスキップ

滝見小路

滝見小路のおすすめと見どころは?

滝見小路の見どころやおすすめを感想を交えて紹介します。アクセスや駐車場、入館料金・割引料金(割引チケット)などの詳細もあり!

滝見小路

滝見小路(たきみこうじ)は昭和30年から40年代にかけての大阪の下町を再現しているショッピング施設です。

滝見小路

滝見小路(たきみこうじ)は大阪市北区梅田スカイビルの地下にあります。

滝見小路では昭和30年から40年代にかけての大阪の下町を再現しています。石畳の小道、瓦屋根、路地裏にある神社など昭和レトロがたっぷり!

また、昭和を代表するダイハツの三輪自動車「ミゼット」やビクターのロゴマークになったニッパー君にも注目したいところ。

ドラマでも登場する懐かしのちゃぶ台なども見逃せません。

また、滝見小路には写真スポットがたくさんあるので、インスタ映えする写真もたくさん撮ることができます。

滝見小路は単に昭和レトロを再現しているところではありません。昭和レトロの店では実際に営業しています。

たとえば「西洋洗濯屋」ではクリーニングができます。また、昭和レトロな飲食店もたくさん!昼食をとるために立ち寄るのもアリですよ。

滝見小路ではトイレにもこだわっています。トイレはまるで銭湯のよう。トイレ内にあるタイル絵の富士山がたまりません。

外観はレトロですが、中身は最新式のトイレになっているのも大きなポイント。

車椅子対応の大型トイレ、ベビーチェア、授乳室などの設備があるため、誰でも安心してトイレを利用することができます。

滝見小路が入っている梅田スカイビルはJR大阪駅から徒歩8分!関西のあらゆるところから気軽にアクセスできるのも滝見小路の強みです。

今回は滝見小路へ行ってきたので、写真付きで感想や見どころを詳しくレビューします。

滝見小路ってどんなところ?見どころは?

滝見小路のポイントはビクター犬のニッパー君に会えること。滝見小路では、昔懐かしいビクター犬ニッパー君のオブジェが展示されています。

滝見小路ってどんなところ?見どころは?

滝見小路のポイントはビクター犬のニッパー君に会えること。

古い蓄音機に耳を傾けている犬のロゴといえばビクター犬を思い浮かべるはず。

滝見小路では、懐かしのビクター犬ニッパー君のオブジェが展示されています。

ニッパー君は音楽を聴いているような姿をしていますが、実際に耳を傾けているのはご主人様の声のようです。

ニッパー君は1884年にイギリスで生まれたフォックス・テリア系の雑種。

やんちゃでよく人の足を噛もうとするのでニッパー(挟む)と言う名前がつけられました。

ニッパー君のご主人様は亡くなり、画家の弟であったフランシス・バラウド氏がニッパーを引き取ります。

そして、兄の声の入った録音をたまたまニッパーに聞かせたところ、ニッパーが首を傾げたポーズで懐かしそうに聞き入ったのです!

それに感動したパラウド氏はそのシーンを描き、ビクターのロゴマークになりました。

今となっては、ビクターのロゴも懐かしいものに。

ぜひ、滝見小路を訪れて、昭和レトロに浸ってくださいね。

滝見小路には懐かしのモノがいっぱい!

滝見小路には昭和を感じられるモノがたくさんあります。

滝見小路には懐かしのモノがいっぱい!

滝見小路には昭和を感じられるさまざまなモノがあります。きっと、昭和30年代、昭和40年代を知っている方は懐かしく感じるでしょう。

滝見小路を歩いていると、昭和にタイムスリップしたような感覚になること間違いなし!

ぜひ、子供に昔話を話しながら歩いてみましょう。

滝見小路で展示されているミゼット

米屋や酒屋で使われたダイハツの三輪自動車「ミゼット」を見つけました。

小回りが効き、本当に使いやすかったとか。価格も他と比べると安く、一気にブレークしたバイクです。

滝見小路にあるクリーニング屋さん

「西洋洗濯屋」とはクリーニング店のことを指します。このお店は実際にクリーニング店を営んでいます。

価格はカッター200円、背広上下600円、ズボン300円、ブラウス550円、ベスト280円、セーター350円です。

きっと、仕事の合間や帰りにこのお店に立ち寄るビジネスパーソンが多いのでしょう。

滝見小路のお寿司屋さん

もちろん、グルメも忘れてはなりません。

お好み焼きの有名店「きじ」、かつどん専門店「喝鈍」、お寿司の「いなせ寿司」だけでなく、インド&ネパール料理「ナマステ タージマハル」など20あまりの飲食店が立ち並びます。

お昼どきは賑やかそのもの。また、それぞれのお店は昭和テイストが失われないように工夫されています。

ぜひ、お昼は滝見小路で食べてみましょう。

滝見小路にある滝見稲荷神社

これは滝見稲荷神社です。当時の人々にとって、神社は今よりも親しみのある場所だったのでしょう。

この神社では実際におみくじを引くこともできます。悪い結果が出たら、結んでおきましょう。

滝見稲荷神社は薄暗い路地にあり、昭和の雰囲気をたっぷりと感じられます。

滝見小路にある写真スポット

滝見小路には写真スポットもあります。おなじみのちゃぶ台がありました。

このような光景も見られなくなりました。お父さんやお母さんはもちろんのこと、猫や黒電話など、細かいところまでこだわっています。

壁には旅行先のタペストリーも!いろいろ観察しながら、子供と話すとおもしろいでしょう。

滝見小路にある看板

滝見小路を訪れたら、看板にも注目したいところ。これらの看板は飾りと思ったら、きちんと看板としての役割を果たしています。

また、「立ち入り禁止」を「立入ルベカラズ」と書いてあるのがおもしろいですね。

滝見小路のトイレは? 施設は?

見小路にはトイレがあります。車椅子が入れる大型トイレ、ベビーチェア、授乳室など、誰にとっても使いやすいように工夫されています。

滝見小路のトイレは? 施設は?

滝見小路のトイレは銭湯に似せてあります。なんと、下足箱や棚もあり、本当に銭湯のよう。もちろん、トイレは土足のまま利用できるのでご安心を。

滝見小路のトイレの絵

トイレ内は昔のポスターが貼られ、銭湯をイメージさせる富士山の絵がありました。

また、富士山の絵をよく見るとタイルになっています。昭和レトロに対するこだわりがすごいですね。

滝見小路のトイレの中

外観はレトロですが、トイレの中は現代風です。

トイレは新型の洋式トイレになっており、センサーで水が流れる仕組みになっています。また、ウォシュレットも標準装備。

これなら、誰でも安心してトイレを利用できます。

滝見小路の大型トイレ

滝見小路では車椅子が入れる大型のトイレもあります。

大型トイレには自由に動かせる手すりがあり、手すりを使って体を支えることができます。

また、洗面台がありシャワーのような設備もありました。子供向けにはベビーチェアや横になれるベッドも装備!

まさに至れり尽くせりのトイレですね。

滝見小路の授乳室

授乳室もありました。授乳室は個室になっており、お母さんが座るための椅子やベビーベッドもありました。

滝見小路へのアクセス(行き方)は?

滝見小路はJR「大阪駅」から徒歩8分と好アクセス。周辺には駐車場があるので、車で行くことも可能です。

滝見小路は梅田スカイビル内の新梅田シティにあります。

滝見小路へのアクセス

梅田スカイビルはJR「大阪駅」から徒歩8分ほど。

「大阪駅」から見えるので、そのまま歩いていきましょう。

また、梅田スカイビルには駐車場があるので、車でアクセスすることもできます。

滝見小路のおすすめ度は?

滝見小路は親子におすすめの施設。昭和を知っている方と昭和を知らない方と一緒に行くとおもしろいでしょう。

滝見小路のおすすめ度

滝見小路は親子におすすめの施設。

昭和を知っている方と昭和を知らない方が一緒に行くと、いろいろな話で盛り上がるでしょう。

また、写真スポットが充実しているので、インスタ映えする写真が撮れるのも大きなポイントですね。

滝見小路は梅田スカイビルにあるので、空中公園の散策、ショッピングの合間に訪れるのもいいでしょう。

滝見小路の施設概要

住所 大阪府大阪市北区大淀中1-1-88 新梅田シティ(地図
連絡先 06-6440-3899
最寄駅 JR大阪駅
アクセス 電車の場合 JR大阪駅より徒歩8分
車の場合 阪神高速梅田出入口から府道41号経由1km 約3分
営業時間 11:30〜21:30
休園日 木曜日
料金 無料
駐車場 あり460台(時間貸しスペース160台含む) 料金:15分以内無料(入庫から15分以内)、100円/15分(最初の1時間迄400円)
公式サイト http://www.takimikoji.jp/


はてなブックマークに追加  滝見小路

関西のショッピング一覧へ戻る

この記事を書いた人

如月柊

道端でネコを見かけるとついつい走り寄ってしまう猫好きライターです。あまりにしつこくなぜなぜするので、愛猫からは猫キックしまくられるという冷遇ぶり。でも、猫は気まぐれでもかわいいから許すということで、日々猫と格闘しています。


編集&校正  ビー・エイブル